<< 「Facebookで2万人集まったら、真冬の海に飛び込む!」 そんな男性の書き込みが大騒動に発展! | main | 「台嫌遣陸」事件で台湾とフィリピンの関係が揺れている >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

台北市が無線LANのWlfly無料化を発表

 

台湾のセブンイレブンやスターバックスなどで使用できる無線LANサービスWifly。日本人旅行者にも活用されているこのサービスが、早ければ4月にも台北市内では無料化されることとなりました。

 

馬英九総統が台北市長時代に整備を進めたWiflyも、今では台北市の人口カバー率が93%に達し、市内各地で使用できるようになっています。

 

郝龍斌・台北市長は31日の会議で、wiflyの無料化を表明。早ければ4月、遅くとも7月から、wiflyが無料で使用できるようになりそうです。

登録方法や無料開放場所などはこれから決定する模様ですが、これでますます台北でのネットアクセスが便利になるのは間違いないですね。

at 05:04, shun2007, -

-, trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 05:04, スポンサードリンク, -

-, -, - -

trackback
url:http://feel-asia.jugem.jp/trackback/37