<< 「接接在日本」の台湾語講座が面白すぎる | main | 台北市が無線LANのWlfly無料化を発表 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

「Facebookで2万人集まったら、真冬の海に飛び込む!」 そんな男性の書き込みが大騒動に発展!

台湾のとある男性がFacebookのイベント欄に「参加者数が2万人に達したら、海に飛び込んでやるよ」と記載。それを見たネットユーザーたちが続々と参加登録し、参加者が1週間で3万人を突破。男性が飛び込み予告した2/1を迎え、ネットユーザーたちの間にも、緊張や期待、不安が広がっています。

 

真冬に海に飛び込む− そんな自分で自分の首を絞めるような書き込みをしたのは、国立台湾体育学院の某男子学生。Facebook上で彼が宣言すると、その噂が瞬く間に広がり、あっという間に2万人の“ノルマ”を軽くクリアしてしまいました。

 

心配するネットユーザーの声に対しても、「大丈夫、救助要員も呼ぶから」「飛び込んだらすぐにその動画を公開する」などと宣言し、2/1に淡水で飛び込むことまで予告しました。

 

この騒ぎを知った大学側は怒り心頭。学生に対して辞めさせるように働きかけるとし、決行した場合はそれなりの対処をすると発言。その後、この話題がメディアで数多く報道されたこともあり、Facebookのページは削除されてしまい、決行するかどうか不明なまま、当日を迎えることとなりました。

 

 

 

 

ネットユーザーの中には、「そんなことをして何が楽しい」「命を粗末にするな」という否定的な声がある一方、「男だったら言ったことはちゃんとやれ」という声もちらほら。果たして今日、この学生は淡水に現れるのか? かなり気になるところです。

 



JUGEMテーマ:台湾
 

at 04:04, shun2007, 台湾B級ニュース

-, trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 04:04, スポンサードリンク, -

-, -, - -

trackback
url:http://feel-asia.jugem.jp/trackback/36