<< 飲んでも太らない!? 衝撃コーラに賛否両論!! | main | とりあえずJimdo気分 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

“ヘビと戯れるアーミールックの萌える美少女”がネットでブレイク中!

以下、トレンドGyaOより

===========================

“ヘビと戯れるアーミールックの萌える美少女”がネットでブレイク中!


 ビビアン・スーやインリン・オブ・ジョイトイを生み出した台湾で、この夏新しいアイドルが誕生する!? 今、台湾のネットで話題を呼んでいる「ヘビと戯れる美少女」とは…。


 アーミー・ルックに身を包み、笑顔でヘビと戯れる一人の美少女。先週、台湾のニュースサイトにこの写真が掲載されるやいなや、一気に写真の美少女が注目を集めるように。

蛇少女




 彼女の名前は彭歆茹(パン・シンルー)。看護系の学校に通い、9月から高校3年生になるフツーの女の子だ。そんな彼女がこの夏、台湾の軍が主催する体験キャンプに参加。そこでヘビと遊んでいる彼女の姿がたまたまカメラマンに撮影され、その写真が先週、軍事系新聞社のサイトに掲載。そのキュートなルックスで一躍時の人になってしまった。


 キュートな笑顔と軍服、そして大蛇のギャップが話題を呼び、他のニュースサイトでも大々的に配信。22日に中国の人民日報がこれを報じると、その人気は海の向こうの中国大陸にまで飛び火した。


 台湾のブログでは、「歆茹かわええ〜」という、男子たちの書き込みが続出。コスプレを超えたリアルなアーミー・ルックで中華圏の男子たちをメロメロにしそうな勢いだ。この人気に気をよくしたのが台湾の国防部。降って沸いた彼女のブレイクに対し、若者に軍をアピールする絶好の機会として、さっそく彼女を出版物の表紙に起用すべく、検討に入ったようだ。

 たった1枚の写真から誕生した新しいアイドル。果たして、日本でもそのアーミー・ルックは見られるのか!?


Written by Shun Horiuchi


=============================

 その後、動きがあるのかと思って、台湾の情報を追っていましたが、
彼女のブログを見てもあまり動きがないようですし、
どうやらブームは下火となったようです。


 おそらく本人がこういう騒がれ方を望まなかったのかもしれませんが、
熱しやすく冷めやすいところも台湾っぽいですよね。。。

蛇少女2

at 11:41, shun2007, 台湾B級ニュース

-, trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 11:41, スポンサードリンク, -

-, -, - -

trackback
url:http://feel-asia.jugem.jp/trackback/26