スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

東京国際映画祭〜『ヤンヤン 夏の思い出』〜

呉念眞
JUGEMテーマ:映画


ちょっと前の話ですが、
東京国際映画祭のエドワード・ヤン(楊徳昌)監督の追悼特集で
『ヤンヤン 夏の思い出』(中国語題:『一一』)を見てきました。

終了後には、主演の呉念眞監督を交えてのトークショー。
台湾ニューシネマの黎明期を互いに支えあってきた監督だけあって、
ヤン監督のエピソードについて、
まるで昨日のことのように語っていましたが、
中でも「ヤン監督がなくなったという実感はなく、
いまでもどこか海外に行ってるんじゃないかなという気がする」
という発言が強く印象に残りました。

主演した呉念眞監督自身も、
スクリーンでこの作品を見たのは初めてだったとのことで、
(版権の関係で台湾では上映されていないようです)
せっかくの日台合作なのに、
ふと思ってしまいました。

台湾ニューシネマを支えた映画監督には、
国外で高い評価を受けているものの、
台湾国内ではさほど評価されていない人も多く、
エドワード・ヤン監督もその一人だと思います。
(逆に呉念眞監督は、台湾では高い知名度を誇っていますが、
 日本ではそんなに有名ではないですし…)

エドワード・ヤン監督の自伝的な色合いが強いこの作品、
彼ならではの遠目からのカメラアングルは、
やはりスクリーンで見てこそ、との思いが強まりましたね。

作品内では、日本で撮影されたシーンも登場するのですが、
エドワード・ヤンが撮った日本は、
とても色鮮やかで、強い印象が残りました。

『カップルズ』、『恐怖分子』、『エドワード・ヤンの恋愛時代』など、
この他にも名作を多く残したヤン監督。

改めて、失った才能の大きさを実感した一日でした。

at 23:51, shun2007, 映画

-, trackbacks(0), - -

東京国際映画祭〜遠い道のり〜

東京国際映画祭〜遠い道のり

またまた六本木に行ってきましたよ〜☆
というわけで、今回はあの『藍色夏恋(原題:藍色大門、Lanse damen)』の
桂綸鎂(Gui Lunmei)が主演した
『遠い道のり』を見てきました。

タイトル:『遠い道のり』
原題  :『最遙遠的距離』
     (2007、台湾、カラー、113分)
監督:林靖傑(リン・チンチェ)
出演:桂綸鎂(グイ・ルンメイ)、莫子儀(モー・ズーイー)
   賈孝國(ジア・シャオグオ)

備考:台湾では今年の11月2日から公開予定です。

(以下、ネタバレ注意)
続きを読む >>

at 07:04, shun2007, 映画

-, trackbacks(0), - -

『壁を抜ける少年』の主題歌PV(MV)



というわけで、すっかり『壁を抜ける少年(穿牆人、Chuanqiangren)』に
ハマッてしまっています☆

YouTubeを覗いてたら、この作品の主題歌のPV(MV)があったので、
早くも繰り返し見ちゃってます♪

作詞はこの映画の監督でもある鴻鴻(Hong Hong)
歌っているのはヤーホン役の路嘉欣(Lu Jiaxin)で、
映画の中の彼女と同様に、パワフルかつスタイリッシュに熱唱しています♪
しかも、カワイイしラブ

PVには映画のシーンも多く登場するので、
どんな映画なのか知りたい方や、すでに映画を見てハマッた方の
どちらにもおススメですグッド

「穿牆人」
詞:鴻鴻 曲:呉青峰 編曲:陳建騏 演唱:路嘉欣


有牆可以穿就不用穿地板
就不用把衣服穿反
不用拿腦袋把書[石匝]穿
有牆可穿就不用把牆當鏡子當柵欄
從小到大寫不完的記分板

前二十年是漫長的進場儀式
要等水一寸寸把泳池灌滿
要舉手答(有)要稍息立正向後轉
要憋著不把[米子]吐出不把氣呼完
要忍著歩去揣度雨的任何意涵

雨就是雨就是雨就是雨
就是雨把牆浸濕慢慢
洗掉我們童年的塗鴉青春騷亂
進鄂仔讓人伸手就穿進另一個宇宙
穿牆不會比穿鞋穿襪穿針眼更難


把牆鑿穿把夜鑿穿把夢一脚踢翻
穿牆人不需要有夢
只要有牆可穿
穿到過去穿到未來穿到你家後院
再見卡珊再見卡門卡在牆裡的卡夫卡再見
不管灰頭土臉不顧踏出去是不是水火深淵
我穿-----


at 04:28, shun2007, 映画

-, trackbacks(0), - -

東京国際映画祭〜壁を抜ける少年〜

穿牆人

というわけで、今日も東京国際映画祭で見た作品の感想を書いちゃいます☆

エドワード・ヤン(楊徳昌)監督作品で共同脚本を担当していた鴻鴻の監督作品。
近未来の台湾を舞台に、
ある日突然「壁をすり抜けられる」という超能力を手に入れた少年と、
ふたりの女性との恋や葛藤を描いた台湾風SFです。

タイトル:『壁を抜ける少年』
原題  :『穿牆人』
     (2007、台湾、カラー、108分)
監督:鴻鴻(ホンホン)
出演:李佳穎(リー・チャイン)、張永政(チャン・ヨンツン)、路嘉欣(ルー・チャシン)
   (写真左から)
備考:台湾では11月から公開予定らしいです。。。

(以下、かなりネタバレ)
続きを読む >>

at 02:16, shun2007, 映画

-, trackbacks(0), - -

東京国際映画祭〜イッツ・ア・ニューデイ〜

イッツ・ア・ニューデイ

今週は六本木通いの生活★
六本木ヒルズアリーナでは毎日、
何かの作品のイベントをやっているので、
連日有名人の姿を見ては喜んでいます。

ガッキーはやっぱりかわいかったですね☆

というわけで、またまた見てきた作品をアップします。

タイトル:『イッツ・ア・ニューデイ』
     (2007、日本、カラー、70分)
監督:梅沢利之
出演:青山倫子、時津真人、武田義晴


(以下、ネタバレ注意)
続きを読む >>

at 02:56, shun2007, 映画

-, trackbacks(1), - -

東京国際映画祭〜レカドス食堂〜

東京国際映画祭1

20日からはじまった東京国際映画祭。

今回は、台湾関連では『遠い道のり(最遙遠的距離)』と
『壁を抜ける少年(穿牆人)』の新作2本、
そして、楊徳昌(エドワード・ヤン)監督の追悼特集として
『ヤンヤン 夏の思い出』や『恐怖分子』など5作品が上映されます。

台湾モノを見るのは当然ですが、
普段は見る機会のない地域の映画も見たいと思っているので、
今週は六本木通いの生活になりそうです。

そんな訳で、さっそく見てきたのが『レカドス食堂』
弱冠26歳の新鋭、パオロ・ヘラス監督の作品です。

タイトル:『レカドス食堂』
原題:  『Rekados』
     (2007、フィリピン、カラー、89分)
監督:パオロ・ヘラス
出演:メリル・ソリアノ、ブーツ・アンソン・ロア、ユウラ・ヴァルデス

(以下、ネタバレ注意)
続きを読む >>

at 04:47, shun2007, 映画

-, trackbacks(0), - -